脂肪吸引探しならお任せください

脂肪吸引を行なうと簡単に痩せることが可能ですが、手術を行なう訳ですからどのような事が行なわれ何に注意しなければならないのかしっかり理解してから脂肪吸引を受ける必要があります。
脂肪吸引に使用される機械は様々あって常に進化しています。


体に負担の掛からない機械が増えていますが、脂肪吸引で肝心なのは医者の技術です。

医者の技術がないと神経が傷ついていつまでも傷みを感じたり、脂肪の吸引しすぎなどで不自然なボディデザインになってしまう場合もあります。

最先端の機械を使っている病院でも担当になる医師がその機械を使用して手術を行なった症例数などを確認し、技術が高いかどうか判断する必要があります。

海外で発行される、機械を利用する技術が高い医師が得られる証明書などを取得している医師も安心といえます。脂肪吸引の手術後は手術方法や吸引量によりダウンタイムに差があることと、傷みがあることも知っておく必要があります。



手術後はむくみや腫れ傷みがあり、3日4日程度は症状が酷い場合があります。手術個所で硬縮がおこり固くなるためマッサージを受ける必要があり、固まっている部分を解すため傷みが伴います。
手術後2週間程度からマッサージを受ける事になります。

また手術後には圧迫包帯や専用の補正下着などにより、脂肪吸引個所を覆って圧迫する必要があります。形が整う他、むくみや内出血当の軽減に繋がるからです。人によってお風呂以外の時間、しばらくの間圧迫し続ける必要があり、違和感などがまったくなくなって、脂肪吸引の効果が実感できるのはむくみや硬宿がなくなる2ヵ月後から3ヶ月後になります。

傷みがあったり、きちんと効果が見えないと不安になるものですから、信頼できる医者に手術を行ってもらう事が大切になります。
手術後の対応も医者や病院ごとによって違いがあるため、充実したアフターケアを受ける事が可能な所にお願いするべきです。

脂肪吸引を行なった部分は太りにくくなり、暴飲暴食などをしない限りリバウンドの心配もなく、綺麗なボディラインを保ちお洒落などを楽しむ事が可能になります。