わきが治療のココだけの話です

わきがというのはとても言いづらく、また病院などにもいきづらいものだといいます。
それは臭いの問題だからです。


病気というわけではありませんし、自分が臭い、と認めたくない、という思いもあるからです。

人は臭いには敏感です。

それは良い香りならばいいですが、鼻をつまみたくなるようなにおいだと、なおのこと敏感になるのです。

わきがはその嫌な臭いを発するものなので、人と関わるのも気にするようになります。それを治療するためには、きちんと専門家の人に診察してもらうことが大切です。


治療するためには、まずは自分のわきの臭いがどれくらいか、というのを医師にかいでもらうことから始まる、ということですが、その段階で臭いの強さというものがあります。それは弱、中、強、というような感じで、臭いの強い人というのは手術を勧められることが多いといいます。
それは、わきの下を線にそって切り、臭いの原因を取り除く、というものです。

できればわきがである、という自覚のある人でも本当は痕を残したくないので手術をするのは嫌だ、という人が特に女性には多いのですが、それでも臭いのことをずっと気にするよりはいいのではないでしょうか。

こちらのミラドライについての情報はこちら。

腕のいい医師を探すと痕も気にせずに治療することができます。軽い人は注射などで抑えることもできるようなので、一度医師に相談してみるのもいいでしょう。とにかく、一度きちんと診察をしてもらう、ということが大事です。自分ひとりでは悩むばかりになってしまうのではないでしょうか。

わきがは自分がわきがだと自覚すれば、自分で生活を改善することで少しゆるくなることがあるといいます。

洋食などよりも和食のほうがいい、などいろいろなことが調べるとわかるので、まずは調べてみることをオススメします。
わきがの治療には切開手術から注射までいろいろな方法があります。

まずは一度きちんとわきの臭いを確認すること、そして医師に診察を受けて、その後治療をどうするかを話し合いましょう。治療は前向きになるために一歩です。